プロバスケットボール選手 サイバーダインつくばロボッツ 副キャプテン 一色 翔太さん

バスケットボールで茨城を元気に子供たちに夢を

 県内唯一のプロバスケットボールチーム
「サイバーダインつくばロボッツ」で副キャプテンを務める一色さんは、
チームの中では数少ない地元出身者。
「バスケ歴はほとんど年齢と同じ」と言う一色さんに、
これまでのバスケ人生を振り返り、バスケにかける思いを伺った。

NBAの選手に憧れバスケに夢中だった子供時代

一色さんがバスケと出会ったのは幼稚園児のとき。
父親の転勤でアメリカに住むことになり、
「気づいたらバスケをやっていた」。
NBAが盛んなアメリカでバスケといえば花形のスポーツ。
近所の子どもたちが集まってする遊びといえばバスケだった。
ボールをリングに入れるのが楽しくて
「狂ったようにやっていた」子供時代、
夢中になっていたのがNBAの選手アンフェニー・ハーダウェイ。
「ねだって同じユニフォームを買ってもらったり、
上手くなりたい一心でプレーを一生懸命真似したりしていました。
憧れの選手がいるというのは、子供にとって大きな励みになりましたね」。
そんな一色さんは小学校3年のときに帰国。
取手市(旧藤代町)の桜が丘小学校に転入すると、
バスケができる場を求めて、
早速地元のスポーツ少年団「宮和田ミニバス」に入った。
ボールをつきながら学校に通い、休み時間も放課後もバスケ三昧。
5年生のときには負け続けていたチームも、
6年生のときには県で2位になり、試合で勝つ喜びも知った。

厳しさに耐えた中・高校時代

中学校のバスケ部は決して強くなかったが、
上手くなりたい一心で誰よりも早く学校に行って朝練にはげみ、
自分たちで練習方法を工夫した。
印象に残っているのは3年のときに顧問になった先生。
「体育会系の熱心な先生で、
スポーツに取り組む姿勢や意識を教え込まれましたね。
自分はケガで総体に出られなかったけど、
清々しい気持ちで引退することができました。
その時の先生には感謝しているし、今でも交流がありますよ」。
ますますバスケが好きになっていった一色さん。
高校はバスケの強豪校に行こうと考え、
中学3年のときに茨城で開催された
インターハイを見に行って高校選びをしたほど。
最終的に「近くてバスケが強いところ」で選んだのが
千葉県の市立柏高校。
しかし実際に入ってみると厳しさは想像を超えるものだったという。
「人生であんなに怒られたことはないですね。
先生が厳しいのはもちろん、練習も厳しい。
部活から帰ってきてテレビを見ていたら、
両足が前も後ろもつったこともありました(笑)。
『(学校を)辞めてやる!』って毎日思っていました」と
辛かった高校時代を振り返る。何で怒られているかもわからない、
理不尽に怒られていると思うこともしばしば。
でも怒られるのは、
まだ伸びると思われているからだと前向きにとらえ、
辛い時期を乗り越えていったという。

回り道をしつつも憧れのプロ選手へ

インターハイベスト8という成績で高校時代を終え、
大学でもバスケを続けるつもりで選んだ進学先は日本大学。
「大学での辛さは、高校までとはまた違った辛さでした。
全国のトップレベルの選手たちが集まった大学は実力主義の世界。
1・2年の頃はユニフォームをもらえるようになるだけでも大変で、
3年でやっとメンバーに選ばれるようになっても、
いつ落とされるかもわからない。
とにかく必死で4年間やって最後のインカレでは優勝できたんですが、
自分はケガなどもあって十分に活躍できなかった。悔しかったですね」。
大学卒業後、いったんは病院のリハビリ施設に就職したという一色さん。
しかし満足できずに終わった悔しさを忘れることができず、
同級生たちの活躍を見るにつけ、
自分もバスケをやりたいという気持ちは次第に大きくなっていった。
そして「このままやらなかったらきっと後悔する」という思いに動かされ、
半年で仕事を辞め、プロバスケットボールリーグbjリーグの
トライアウトにチャレンジ。
見事合格し、念願のプロバスケットボール選手としての
一歩を踏み出すことができたのだった。

プロ選手の役割とは

いくつかのチームを経て、
昨年からサイバーダインつくばロボッツの一員になった一色さん。
憧れだったアンフェニー選手と同じ背番号1をつけ、
副キャプテンとしてチームを引っ張る。
「バスケの中にも役割があり、
それぞれが役割を果たして、一つのチームになる。
お互いが尊重し合って、役割がうまくかみあい、
勝利できたときが最高。
全員が満足できるプレーをすることは難しいけど、
それができるチームが勝てるチーム。
誰もがチームのために頑張れる、
活躍できるというチームづくりを目指していきたい」と、
次のシーズンに向けての抱負を語る。
プロ選手として活躍する今、
「お客さんが応援してくれて、
自分のプレーで会場が盛り上がる瞬間にやりがいを感じますね」と語りつつ
「自分のプレーが会社の利益にもつながる厳しさも感じている。
バスケは好きなことだけど、仕事でもあるという意識は常にあり、
お客さんが来てよかった、
お金を出してよかったと思ってくれる
レベルの高いプレーを見せたいですね」とプロ意識も忘れない。

B.LEAGUEでの今後の活躍に期待

7月1日より、サイバーダインつくばロボッツは
チーム名称が「サイバーダイン茨城ロボッツ」に変更となり、
活躍の場も茨城全体へと広がっていく。
また、秋には新リーグ「B.LEAGUE」が開幕し、
新時代を迎える日本のプロバスケリーグ。
全国45のクラブが1部から3部に分けられ、
ロボッツは2部に所属する。
当面の目標は1部への昇格だ。
「Jリーグが発足して、
サッカー選手になりたいと思う子供が増えたように、
プロのバスケ選手になりたいという子供が増えてほしい」と一色さん。
バスケやバスケ選手を身近に感じてもらおうと
学校や少年団に出向いて子供たちの指導をしたり、
イベント等で子供たちに触れ合う機会を多く設けている。
「プロの試合をたくさん見て、刺激を受けて目標にしてもらいたい。
上手いプレーはどんどん真似して吸収してほしい。
それが上達の近道」と子供たちへメッセージを贈る。
「バスケは今の自分を築いてくれた。
だから今度は自分が子供たちの見本になり、
自分たちのプレーを見て、バスケ選手に憧れてくれたら嬉しい。
そして自分たちが勝つことでロボッツが成長するのはもちろん、
茨城全体を元気にしたい」と夢を語る。
県民みんなに愛され、県民が誇れるチームになるよう、
秋からの活躍に大いに期待したい。

プロフィール

プロバスケットボール選手 サイバーダインつくばロボッツ
副キャプテン 一色 翔太さん [Shota Isshiki]

1987年生まれ。取手市出身
幼少期をアメリカで過ごし、小学校3年のときに帰国。
桜が丘小学校、藤代南中、市立柏高校、
日本大学を経てプロバスケットボール選手に。
2010~2011年 千葉エクスドリームス
2011~2015年 千葉ジェッツ
2015年よりサイバーダインつくばロボッツ
(7月1日よりサイバーダイン茨城ロボッツに名称変更)
ポジションはガード、背番号1、身長177㎝、体重74㎏


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です