夏の風物詩・朝顔の花

夏休みの宿題で、朝顔の咲いた花を絵日記に描いたという思い出はありませんか?清楚な花の色は、多くの日本人に時代を超えて愛され続けています。垣根や窓にからませたり、鉢づくりにしたりと、多彩に楽しむことができる花でもあります。

朝顔は7月になると、花が咲き始めます。毎日水は欠かさず枯らさないようにあげるのが基本ですが、つぼみが出るまでは少し控えめにしましょう。少々しおれ気味になったら水をやる程度で大丈夫です。そしてつぼみが見えてきたら、水はたっぷりとあげて下さい。

また朝顔は、短日植物です。夏至を過ぎて、昼間の時間が短くなるのを感じて咲きます。その為、外灯の下や夜明るい所に置くと、日が短くなっていないと勘違いをして、花が咲かないこともありますので、夜は必ず暗い所に置いてあげましょう。

コメント