パンジー・ビオラのハンギングリース

秋~春にかけて花壇を彩るパンジーやビオラは、花が少ないこの季節に欠かせない草花です。最近は種類も豊富で、カラフルな色合いは見ているだけで気持ちが和みますね。今年はこのパンジー・ビオラを使ってハンギングリース作りに挑戦してみましょう。
 ハンギングリースとは花苗で作るリースのことで、リース型の寄せ植えです。麻ライナーが付いた専用のリース型を使えば初めてでも簡単にできます。土・水苔を用意して、寄せ植えの要領で植え込んでいきましょう。土と水苔は十分湿らせてから使います。自分のイメージで花苗を置いていき、隙間に土をぎゅうぎゅうに詰めます。指でしっかり押さえて無理にでも土を押し込むことがポイントです。しっかり土を入れたら水苔を薄く広げ、土の表面に敷き詰めていきます。最後に優しく水をあげたら完成。リースの中に水がたまらないよう、すぐに吊るしましょう。玄関や門柱、塀などにステキに飾って下さいね。

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です