「夏のガーデニング~草花の熱中症に注意!!~」

この暑さの中、日よけもせず一日中外に立っていることは私達人間にも厳しいことですよね。草花達も同じです。特に鉢植えの場合は外気の影響を直に受け、一度水分を失い焼けてしまった葉は水を与えても生き返らないことがあります。こうなる前に対処することが大切です。ベランダやテラスには、すのこや人工芝を敷いて対処しましょう。ウッドデッキの場合は、直接鉢を置くと水が溜まり、根が腐ってしまう可能性があるので、レンガやブロックなどの上に鉢を置き、水はけを良くしてあげましょう。次に大切なのが日よけ対策です。日差しの強い季節はなるべく強い光を避けられる場所に移動し、移動が難しい場合は遮光シート目隠しネットをかけるなどの対策を施すと良いでしょう。また注意しなければならないのが水やりです。暑い日中はつい水をたくさんあげたくなりますが、昼間の気温が高い時間は鉢の中の温度が急激に上昇してしまうので、朝夕の気温が低い時間帯に水やりをしましょう。草花も私達と同じように熱中症にならないように配慮してあげることが大切ですね。

コメント