タンポポをお部屋のインテリアへ

春にはあちこちで見かけるタンポポ。でも、まだ寒いこの季節に陽だまりで咲いているタンポポは、とりわけ美しく見えるものです。それを掘り取って鉢に植えると、小さな春の一鉢になります。

 風のない暖かな日の午前中に、小さめでつぼみのある株を選び、丁寧に掘り取ります。根は長いゴボウ状なので長めに掘り、すぐにビニール袋に入れて口を閉じ、根や葉を風に当てないようにします。

 直径12cm程度の植木鉢にまっすぐに植えかえ、根が長い分は先を切り、周りから培養土を入れて株が中央に収まるようにします。

 しおれるのを防ぐために、植え終わったら静かに水をかけ、すぐにビニール袋に入れて少し隙間をあけて口を閉じ、洗濯バサミではさんでおきます。

 明るい窓辺などに置き、1週間ほどは直射日光を当てないようにして根付くのを待ち、しおれなくなったらビニールの口を少しずつ広げ、外気にさらします。

 その後はビニールをはずし十分に日光を当て、乾いたら水を与え、夜は凍らない程度に保てば花を咲かせ始めます。

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です