ガーデニングの梅雨対策

雨が続くこの時期のガーデニングには、気をつけなければならないことがあります。これから夏本番に向けてよりキレイなお庭を楽しむ為にも、ポイントを確認しておきましょう。

○加湿を防ぐ

鉢植えは、底穴から空気が通るようにスタンドやレンガの上に置き、雨水がたまらないように、受け皿は外しておきます。繁りすぎた葉はすいて、鉢植えやコンテナなどは少し離して風通しを良くします。また花が咲いている物は、雨にあたって傷んだりするので、軒下に移動させましょう。

○雨の合間に見回り

こまめに、鉢やお庭の植物をチェックし、知らない間に害虫が繁殖して、手遅れにならないようにしましょう。梅雨の時期は雨の合間に見回って、下葉が黄色く変色したり、土に落ちた花や葉が腐りかけている場合は、害虫のすみかになりますので、取り除いてキレイにしましょう。

○乾いてから水を

病気にさせない為には、完全に土が乾いたら水をたっぷりやるというのが基本です。水やりの目安として、土の表面が乾いて白っぽくなってきたら、鉢底から流れ出るほどに水やりをします。たっぷりと与えた後は、鉢皿に残った水を捨てます。このようにして、根腐れが起きるのを防ぎましょう。

コメント