Vol.134 親の家を片付ける(5)~キレイの感覚を取り戻す

新緑が美しい季節になりました。
気候もよく、体を動かすにはぴったりの時期、
家の掃除や片付けもはかどりそうです。
親の家に足を運んで、会話を楽しみながら
一緒に作業をしてみてはいかがでしょう。

キレイの感覚が鈍っていませんか?

実家を訪れて、昔はもっとキレイだったのに…と
思うことはありませんか。
年をとると動くのが億劫になるもの。
体も思うように動かなくなり、
片付けや掃除が面倒になってきます。
次第にキレイでない環境にも馴れ、
散らかっていても汚れていても気にならなくなってきます。
そのような状況は自分ではなかなか改善できないので、
声をかけ、一緒にキレイを取り戻してあげましょう。

今どきの掃除法を教える

時代と共に物は変化し、
身の回りの物はどんどん使いやすく、
手入れしやすくなっています。
また掃除道具もお掃除ロボットなどの
便利なグッズがいろいろ出てきています。
しかし年配の方は、新しい物が取り入れられず、
昔ながらの道具と方法で掃除をしている人が
多いようです。
ぜひ楽な掃除方法を教えてあげましょう。
たとえば床掃除はフローリングワイパーを使えば簡単。
ホコリが気になったらさっと出して使え、
汚れたらシートを変えるだけです。
棚の上のホコリもわざわざハタキをかけたり、
雑巾で拭かなくても、
ハンディモップで軽くなでるだけでキレイになります。
洗剤も殺菌や洗浄効果が高く、
乾拭き不要であらゆる所に使える電解水など、
便利なものがあります。
自分が使って便利だと思ったものは親にも勧めて、
使い方も教えてあげましょう。

物をもたない生活の快適さを知る

世間では断捨離ブームがさらに進み、
最小限の物で生活するミニマムライフという
生活スタイルも話題になっています。
また上質な物を少しだけ持ち、
大切に使うことを提案している
『フランス人は10着しか服を持たない』という本も話題です。
物が少なければ、物を収納するスペースが少なくて済み、
物にかける手間やお金も省けます。
部屋の中を見回しても、物が少なければ掃除が楽で、
整理整頓も簡単でしょう。
物が多すぎる場合は、物を減らせば家事の手間が省け、
簡単にキレイになることも伝えられるといいですね。

PDFをダウンロード

コメント

吉田トシコ先生プロフィール

収納コンサルタント
収納とカラーの個人相談、新築・リフォームのコンサルタント及びコーチ。
講演やカルチャー講師を務める。

【テレビ出演等】
テレビ東京「テレビチャンピオン」
片づけられないダメ収納主婦を救え、新年を綺麗な家で迎えよう決戦
フジテレビ「笑っていいとも」アイロン台の法則

中国中央テレビ(中国)収納ロケ
テレビ東京「ヤーヤーヤー」スーパー主婦で出演
TBS「金スマ」収納師
テレビ東京「チャンピオンズ」2時間スペシャル
週刊女性「段階収納」掲載
「すてきな奥さん」掲載
「ハッピーママ」連載

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です