Vol.139 残り3カ月を計画的に

過ごしやすい季節になりました。
いろいろなことに挑戦したくなる「○○の秋」ですが、
「秋の日はつるべ落とし」と言われるように、
日暮れが急に早まってきます。
今年も残り3カ月。
年末までの計画をしっかり立てて、
やり残しがないようにしましょう。

衣類の冬支度は早めに

気温差が大きいこの時期は、
半袖と長袖が混在して、
クローゼットもごちゃごちゃになりがち。
衣類は夏物、秋物ではなく、
半袖と長袖に分けておいた方が整理しやすいです。
そして半袖の出番がなくなってきたら、
いよいよ冬物の出番。
セーターやコートなども早めに出して点検をしておきましょう。
11月の初~中旬には木枯らしが吹くので、
遅くてもそれまでには衣類の冬支度を済ませたいもの。
この時期に冬物の衣類を把握しておけば、
これから買い足したい物も分かり、無駄な買い物が減らせます。

外回りの冬支度

落ち葉も増えてくる時期です。
こまめな掃除で外回りもスッキリと。
気温が10℃を下回ると草花も元気がなくなるので、
寒さに弱い植物は、朝夕は室内に取り込みましょう。
またチューリップなど春の球根は、
20日頃までに植えておきましょう。

食卓も冬仕様に

そろそろお鍋やおでんが美味しい季節がやってきます。
土鍋の準備やカセットコンロの
ガスボンベの補充などもしておきましょう。
食材も傷みにくくなるので、
ストック分の食材を買い足しておくのもよいでしょう。

救急箱も点検、補充を

風邪やインフルエンザ、胃腸炎など、
体調を崩しがちなこれからの時期。
救急箱も年に1度は点検して、
シップや絆創膏など日常使う物や風邪薬など、
足りないものを補充しておきましょう。
また風邪予防のために重要なのが手洗い。
除菌石鹸や消毒液を準備し、
家族で感染予防に努めましょう。
スポーツドリンクや栄養ドリンク、
栄養ゼリーなども用意しておくと安心です。

冬支度は計画的に

秋分の日も過ぎ、これからどんどん日も短くなります。
外の作業は早めに済ませておくようにしましょう。
反対に、日差しは部屋の奥まで入るようになるので、
部屋の隅々にまで目が届き、
家の中の掃除はしやすくなります。
今やること、11月、12月にやることを振り分け、
大まかな計画を立てておくと、
大掃除になって慌てることもありません。

PDFをダウンロード

コメント

吉田トシコ先生プロフィール

収納コンサルタント
収納とカラーの個人相談、新築・リフォームのコンサルタント及びコーチ。
講演やカルチャー講師を務める。

【テレビ出演等】
テレビ東京「テレビチャンピオン」
片づけられないダメ収納主婦を救え、新年を綺麗な家で迎えよう決戦
フジテレビ「笑っていいとも」アイロン台の法則

中国中央テレビ(中国)収納ロケ
テレビ東京「ヤーヤーヤー」スーパー主婦で出演
TBS「金スマ」収納師
テレビ東京「チャンピオンズ」2時間スペシャル
週刊女性「段階収納」掲載
「すてきな奥さん」掲載
「ハッピーママ」連載

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です