Vol.140 秋の夜長は本の整理

木々が色づく季節になりました。
夜が長いこの時期、
落ち着いて何かをするにはもってこいです。
そこで普段なかなか手を付けられない
本の整理をしませんか。
本棚がすっきりしたら、
気持ちよく読書に没頭できそうです。

●本棚に「空き」を作る

本はカテゴリーに分類し、
よく読むものは取り出しやすい位置に、
めったに読まないものは
手が届きにくい位置に収納します。
もっとも手に取りやすい場所は
10冊分くらい空けておき、
いつでもすぐに読みたい本や
読みかけの本を置くようにします。
これで、すぐに手に取りたい本を
出しっぱなしにすることがなくなるでしょう。

●キーワードで判断する

本を処分したいけれど
要るか要らないか分からないという人は、
今現在、気になっている言葉を
書き出してみましょう。
「ダイエット」「オリーブオイル」
「血糖値」などいくつでもかまいません。
次にその言葉がタイトルや文中に入っている
本だけを選んでいきます。
これが今、必要だと思われる本です。

●必要な本は変化する

人は日々変わっていきます。
生き方、興味関心、環境、食事、健康状態など、
数年前と比べて変化しており、
それに伴って必要な本も変わってきます。
子育てに関する本は
子どもが成長すれば必要なくなるように、
自分自身の変化を意識して、
要る本、要らない本を分別しましょう。

●常識も変化する

人だけでなく常識も変化します。
以前は健康に良いと言われていた食物が
そうでなくなったり、
新しい食材が話題になったり、
時代とともに健康法や医療に関する常識は
変わってきています。
このような実用書は、
時代に合わせて買い換える方がよさそうです。

●小説は図書館にあるか否か

たいていの小説は
図書館で読むことができます。
とくに思い入れがある本や
図書館にない本以外は、
また読みたくなったら
図書館で借りればいいと思って、
処分してもよいでしょう。

●記録して処分する

読んだ本は記録しておくのも
おすすめです。
題名、出版社、作者、簡単な内容や
感想などを記録しておけば、
本を処分してしまっても、
後で気になったときに
再び探すことができます。
または気になる箇所は
スマートフォンなどで撮影しておけば、
いつでもどこでも見直すことができて便利です。

PDFをダウンロード

コメント

吉田トシコ先生プロフィール

収納コンサルタント
収納とカラーの個人相談、新築・リフォームのコンサルタント及びコーチ。
講演やカルチャー講師を務める。

【テレビ出演等】
テレビ東京「テレビチャンピオン」
片づけられないダメ収納主婦を救え、新年を綺麗な家で迎えよう決戦
フジテレビ「笑っていいとも」アイロン台の法則

中国中央テレビ(中国)収納ロケ
テレビ東京「ヤーヤーヤー」スーパー主婦で出演
TBS「金スマ」収納師
テレビ東京「チャンピオンズ」2時間スペシャル
週刊女性「段階収納」掲載
「すてきな奥さん」掲載
「ハッピーママ」連載

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です