Vol.142 キレイなトイレで運気アップ

明けましておめでとうございます。
新年を迎え、初詣に出かけた方も多いでしょう。
今年は神社の神様だけでなく、
家の中の「トイレの神様」も
大切にしてみてください。
トイレをピカピカにしておくと、
きっといいことがありますよ。

トイレを汚さないために

トイレをいつも清潔にしておくためには、
汚さないのが一番。
家族みんなでトイレの使い方を確認しましょう。

男性は座るべし/
男性が立って用を足すと、便座の縁や床、
その周囲に数百~数千もの尿滴が飛び散るそうです。
最近ではコンビニのトイレでも
座って利用するよう表示があるとか。
男性のみなさん、トイレではぜひ座ってください。

女性の汚れは便座裏/
女性の場合、汚れやすいのは便座の裏側。
便座を上げる機会が少ないので
便座の裏で汚れが乾いたまま
落ちにくくなっていることがあります。
トイレの後は便座を上げて、
跳ねていないか確認しましょう。

排便の前はペーパーを敷いて/
汚れが付かないようにするために、
あらかじめ便器にトイレットペーパーを敷きましょう。

水を流す前に蓋を閉めて/
トイレの蓋を閉めずに水を流すと、
排泄物に含まれる細菌や微生物、
ウイルスなどが空気中に飛散してしまいます。
とくに胃腸炎を引き起こすノロウイルスなどの
感染者が使用した場合は大変です。
トイレでの感染を防ぐためにも、
必ず蓋を閉めてから水を流しましょう。

お手軽掃除でピカピカに

ブラシでゴシゴシは禁止/
便器をブラシでゴシゴシ擦ると、キズがつき、
その部分に汚れがたまっていきます。
なるべく柔らかい素材のものを使うか、
ペーパーなどで拭くようにしましょう。

ペーパーのブラシが付いた「流せるトイレブラシ」

ペーパーのブラシが付いた「流せるトイレブラシ」

ペーパーのブラシが付いた
「流せるトイレブラシ」(写真参照)なら、
使った後はそのままトイレに流せるので
衛生面でもおすすめです。
また便器内に付ける防汚ジェルや、
吹き付けるだけで汚れを落としてくれる
洗剤などもあります。
これらの商品を上手に利用して、
掃除の手間も省きましょう。

除菌スプレー/
便座や床、壁の汚れは除菌スプレーが一本あればOK。
汚れに直接スプレーをして
トイレットペーパーで拭き取るか、
トイレットペーパーにスプレーをして拭きましょう。
トイレの中に置いておき、
汚したら自分でキレイにしてもらいましょう。

乾拭きは厳禁/
便座やフタなどは、乾拭きをすると
キズが付いてしまいます。
必ず湿らせて拭きましょう。

手洗い場もピカピカに/
手洗い場は、タオルを取り替える際に
汚れや水滴をしっかり
拭き取るようにしましょう。
付いてしまった水垢は歯磨き粉やクエン酸で落とせます。

PDFをダウンロード

コメント

吉田トシコ先生プロフィール

収納コンサルタント
収納とカラーの個人相談、新築・リフォームのコンサルタント及びコーチ。
講演やカルチャー講師を務める。

【テレビ出演等】
テレビ東京「テレビチャンピオン」
片づけられないダメ収納主婦を救え、新年を綺麗な家で迎えよう決戦
フジテレビ「笑っていいとも」アイロン台の法則

中国中央テレビ(中国)収納ロケ
テレビ東京「ヤーヤーヤー」スーパー主婦で出演
TBS「金スマ」収納師
テレビ東京「チャンピオンズ」2時間スペシャル
週刊女性「段階収納」掲載
「すてきな奥さん」掲載
「ハッピーママ」連載

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です